ウォーターサーバーの費用って高い?どのくらい?

ウォーターサーバーは高いといわれるが・・・

ウォーターサーバーを利用したいけれども実際には利用に踏み切ったことがない人は多いです。その理由として、操作が難しい、メンテナンスがたいへん、赤ちゃんがいるから危険など、その人それぞれの問題を指摘するようですが、しかしやはり何といっても、ウォーターサーバーの費用が高いという理由が最も多く聞かれます。

確かに、水道水や市販のペットボトルの費用にくらべると、ウォーターサーバーの費用が高いと感じられる人は多いと思います。ただ、単純に費用が高いかどうかというよりも、ウォーターサーバーを利用するにあたってコストパフォーマンスが果たしてどうなのかというところをよく検証してから判断する必要があるといえます。

ウォーターサーバーのコストパフォーマンスはどうか

確かに、水道水や市販のペットボトルにくらべると、費用そのものはウォーターサーバーのほうが高いことがほとんどです。ただ、ウォーターサーバーを利用するメリットとデメリットのバランスを考えたとき、ウォーターサーバーがこれだけ支持される背景を考えると、やはりウォーターサーバーを利用するメリットは大きいといえます。

そう考えると、費用そのものが示すイメージよりも、コストパフォーマンスとしては優れている可能性が高いともいえるのです。たとえば、単に費用だけを見るのではなく、ペットボトルを購入するためにかかる時間や送料のことを考えると、ウォーターサーバーのコストパフォーマンスはむしろ優れていると解釈できるかもしれません。

費用そのものをとるのか、コストパフォーマンスを優先するかによって、ウォーターサーバーに対する価値感が大きく変わってくることも考えられます。ですから、ウォーターサーバーを利用したいと考えるのであれば、費用が高いかどうかだけで判断するのではく、コストパフォーマンスの部分まで踏み込んで考える必要があるといえるでしょう。

一人暮らしだからこそウォーターサーバーがおすすめ

一人暮らしでも安全でおいしい水を飲みたい!

近年水道水の危険がささやかれるようになってきて、ミネラルウォーターを積極的に飲むようにしている人が増えている印象があります。そんな中で、病院や役所などでよく見られたウォーターサーバーが、一般家庭でも利用されるようになってきています。

とはいえ、ウォーターサーバーは、サーバー自体はもちろん、ミネラルウォーターのボトルも大きい印象があって、特に一人暮らしの人からすると、なんとなく気おくれしてしまうケースも多いようです。

やはり一人暮らしともなると、一般的にはお部屋や家具などは、できるだけ小さく収めたいという人が多いですから、そんな中で、何かとスペースをとり、しかも重量もあるウォーターサーバーやボトルを導入することに少なからず抵抗を感じる気持ちもよくわかります。

ただ、一人暮らしだってやっぱり安全でおいしい水を飲みたいと感じる人は多いですし、そうなると、何かと忙しい一人暮らしの人がペットボトルのミネラルウォーターを購入するよりも、ウォーターサーバーを導入してしまったほうが、メリットは大きいと感じると思います。

一人暮らしの人のウォーターサーバーの導入には、悩ましい選択がつきまとうものです。

サイズが選べるから一人暮らしでもウォーターサーバーはつかえる!

しかし実は、一人暮らしの人に合ったウォーターサーバーもあるのです。安全性やおいしさに関しては、やはりウォーターサーバーの右に出るものはないわけですから、大きさやスペースの問題がクリアできれば、一人暮らしでもウォーターサーバーの導入に踏み切ることができます。

今は、サーバーの小型化、そしてボトルの小型軽量化(水自体は無理ですが)が進んでいて、一人暮らしの人にも利用しやすくなっています。ですから、一人暮らしだからといって、安全でおいしい水を飲みたいと思ったら臆せずウォーターサーバーの導入を検討していただきたいと思います。

ウォーターサーバーの比較ポイントはどこか?

ウォーターサーバーの比較の必要性とは

ウォーターサーバーのサーバー、水とも種類が増えてきていることで、私たちはその比較の必要性が生じてきつつあります。ウォーターサーバーの種類がなぜ増えているのか、まずはその部分を考える必要があります。

もちろん業者としては、たくさん種類を増やしてウォーターサーバーの魅力を大きくしてたくさん売りたいという意図があるでしょう。それはそれで当たり前のことです。ただ、それ以外にも理由はあります。

その理由とは、やはり、その人それぞれの生活に即したウォーターサーバーが提供されるようになったというところが大きいです。たとえば赤ちゃんや小さなお子さんがいる、大家族である、逆に一人暮らしであるといった、それぞれの境遇に即したウォーターサーバーが開発されているのです。

ウォーターサーバーはどう比較すべきか

ウォーターサーバーの種類が豊富になってきている今、やはりメーカーやブランドの比較は、ウォーターサーバーで失敗しないためには重要です。ウォーターサーバーの比較の方法はいろいろあります。一番確実なのは、それぞれのメーカーに問い合わせて、ブランドごとに比較を行う方法です。

ただ、種類が豊富ということは、ウォーターサーバーを提供している業者も多いということになります。とすると、直接メーカーに問い合わせて比較するのは、かなり手がかかってしまうことになります。

そんなときこそ、やはりネットを利用してウォーターサーバーを比較するという方法が、最もメリットが大きく、一般的でしょう。実際、ウォーターサーバーの比較サイトもかなりたくさんネット上に掲載されていますので、そういったサイトを積極的に利用して、ウォーターサーバーの比較をしてみてはいかがでしょうか。

はじめて利用する人であっても、わりと簡単に比較することができる仕様になっている親切なサイトが多いという印象です。比較サイトである程度候補を絞りこんで、最終的に業者と話をして詰めるのが理想でしょう。

ウォーターサーバー契約を躊躇するそのデメリットは?

デメリットは多いけど、デメリットもある!

ウォーターサーバーには、いろいろなメリットがあります。それゆえ非常に多くの人がウォーターサーバーを支持するようになってきました。しかし、ウォーターサーバーにはデメリットがあるということも事実です。

たとえば、高温のお湯が出るのがウォーターサーバーですから、特に小さなお子さんがいるご家庭でご利用になる場合には、リスク管理もしっかりしておかないと、事故につながるリスクもないわけではありません。

リスクとデメリットは必ずしも同義ではありませんが、いずれにしても、デメリットを理解した上でウォーターサーバーを使用することが重要であることには違いありません。

ウォーターサーバーのデメリットは大きく分けて3つある!

それでは、さっそくここからはウォーターサーバーのデメリット(と思われる部分)について、3つほどピックアップしていきます。

コストに関するデメリット

確かに、ペットボトルの水であっても、コストはかかります。ただ、サーバーのレンタル料や水へのこだわりによって、コストがけっこうかさんでしまうことがあるというファクターは、やはりウォーターサーバーのデメリットといわなければなりません。

サーバーのスペースをとられる

ペットボトルのミネラルウォーターをまとめ買いすれば、それだけスペースがとられます。ウォーターサーバーならその分のスペースはとられませんが、サーバーを置くスペースはどうしても無視できません。

ボトルの交換と設置

何といっても水は重いですから、容量によっては、毎月のボトルの交換やサーバーにボトルの水をセットする際に、かなりの労力をつかうことになります。力のない女性のひとり暮らしだと、容量によっては苦労することもあるかもしれません。

いかがでしょうか?よいことばかりだと思っていたウォーターサーバーにも、少々デメリットがあるということを理解していただけたのではないでしょうか?

ウォーターサーバー契約者が増加中!そのメリットは?

ウォーターサーバーの人気の秘密

病院などの公共的な施設でかつてよく見られたウォーターサーバーが、近年は個人宅でも使用されるようになってきました。その人気は絶大なものがありますが、なぜここまでウォーターサーバーが支持されるようになったのか、その秘密に迫りたいと思います。

まあどんな商品でもそうですが、メリットがあれば、必ずデメリットがあります。ウォーターサーバーにもメリット、デメリットがありますが、これだけ多くの人の支持を得ているということは、ウォーターサーバーのメリットが、デメリットを大きく上回った結果といえるのではないでしょうか。

それでは、ウォーターサーバーの具体的なメリットについて、いくつか紹介していくことにしましょう。

ウォーターサーバーのメリットは豊富!

ウォーターサーバーのメリットは、大きく分けると4つ挙げることができます。それぞれのメリットの比重が大きいだけに、トータルするとかなり大きなメリットになると考えられます。

水にこだわることができる

まずは、水にこだわりがある人にとってのメリットは大きいです。水道水は、水道から出てきた水というそれ以上でも以下でもありませんが、ウォーターサーバーの場合、サーバーが設置されるだけでなく、その中の水を選択することができるのです。

水温を調節できる

夏の暑いときには冷たいキレイな水を飲みたいと、誰もが思うはずです。冬の寒いときは、温かいお茶やコーヒーをすぐに飲むために、キレイなお湯がほしいと誰でも思います。ウォーターサーバーなら、そうした温度調節の自由度が高いというメリットがあります。

スペースをとらない

水にこだわりたいなら、ペットボトルのミネラルウォーターでも十分ではないかという意見も、確かに聞かれます。しかし、ペットボトルの場合、まとめ買いをすることができないデメリットがあります。まとめ買いできても、ボトルのスペースがとられてしまいます。ウォーターサーバーならそういうデメリットが解決されるのです。

万一のときに使える!

災害など、万一のときには水道が使えないことが多いです。あまり考えたくはありませんが、そういうときにもウォーターサーバーなら、最低限の水を確保できる可能性が高いのです。

いかがでしょうか?思ったよりもウォーターサーバーのメリットは多いといえるのではないでしょうか?

ウォーターサーバーの善し悪しと判断材料

ウォーターサーバーの評価の基準は多様

ウォーターサーバーの評価が高まっていることは事実ですが、評価はするものの、実際にウォーターサーバーを導入するまでには至っていない人は多い印象があります。それはやはり、ウォーターサーバーの評価の基準が多様だからでしょう。

たとえば、赤ちゃんへの安全性の問題はどうか、費用・コストパフォーマンスはどうか、設置や利用に関する利便性とメリット・デメリットのバランスはどうか、一人暮らしの人にとってウォーターサーバーの導入はプラスなのかマイナスなのか・・・という具合に、人それぞれがウォーターサーバーを評価するポイントを持つことになるのです。

ところが、まだ市民権を得ていないウォーターサーバーをどう評価すべきなのか、そのポイントをうまく押さえることができないという事例が多いようです。迷ったときには口コミが一番ですが、口コミを見てもウォーターサーバーの評価はどうしても割れがちなのです。

導入を決めたら比較してベストのウォーターサーバーを選ぶべき!

ウォーターサーバーを導入して利用するかどうかを決定するためには、上記の評価の基準を洗いざらいに評価・検証する必要があります。利用するのは自分なので、誰かが良いといったからといって、生活スタイルも考え方も異なるわけですから、評価は分かれて当然なのです。

ただし、ウォーターサーバーを利用する明確なメリットを見出すことができて、サーバーを導入することを決定したら、今度はどの評者のどんなブランド(つまり、サーバーの機能や水質など)を利用するかを徹底的に比較する段階になります。

ウォーターサーバーの業者やブランドを比較するためには、やはり比較サイトや口コミサイトなどを利用すると、手軽で利用しやすいといえるでしょう。ひとつのサイトではなく、複数のサイトを利用して、深く比較することをおすすめします。

慣れない人にとっては簡単なことではないかもしれませんが、良いサーバー選びをするためにも、がんばっていただきたいと思います。