ウォーターサーバーのメンテナンス問題どうする?

ウォーターサーバーのメンテナンス

ウォーターサーバーを利用して、安全でおいしい水を飲みたい人が増えてきています。それに応じて、ウォーターサーバー関連の業者もどんどん増えてきている印象があります。ということは、ウォーターサーバーの機能や性能にも、いろいろと種類(グレード)が増えてきているということにもなります。

ウォーターサーバーの利用について、ひとつネックになるのが、メンテナンスの問題です。ご存知のとおり、ウォーターサーバーはやや精密なマシーンですから、利用する以上は少なからずメンテナンスが必要になります。

器械いじりに慣れていない人からすると、メンテナンスといわれるだけで腰が引けてしまうケースもあると思います。しかし実は、ウォーターサーバーのメンテナンスにも、業者や扱っているブランドによっては対応の仕方が違うことも想定されるのです。

自分でするメンテナンスは意外と少ない!?

ウォーターサーバーのメンテナンスは、大きく分けると外部メンテナンスと内部メンテナンスとに分かれます。外部メンテナンスというのは、簡単に言えば、目に見える部分、つまり、汚れを落としたり付属品の調整をしたりするメンテナンスになります。こちらは原則セルフメンテナンスになります。

一方で、内部メンテナンスは、多少なりとも専門的な知識が必要になる部分のメンテナンスなので、基本的には業者が対応することになります。そのあたりの料金が込みのところもあれば、メンテナンスの内容によって有料のところもあったりするので、料金については個々の業者との交渉が必要になります。

また、最近のウォーターサーバーには、内部のクリーン器能が付帯されているサーバーも登場しているので、想像されるほどウォーターサーバーのメンテナンスは大きな障害にはならない場合が多いです。

ということで、メンテナンスのことを考えてウォーターサーバーに対して前向きになれなかった人は、まずは業者と相談して、再検討していただきたいと思います。

ウォーターサーバーとペットボトルの併用

ペットボトルとウォーターサーバーを併用する理由

ミネラルウォーターなら市販されているものをペットボトルで購入すれば用が足りると考える人は多いです。いやいや、やはり今の時代ウォーターサーバーを利用したいと考える人もいます。勢い的にはウォーターサーバーの利用ですが、市場シェア率としては、やはりまだまだペットボトルに根強い人気があります。

とはいえ、このような現象が起こるのは、ペットボトルはもちろん、ウォーターサーバーにも利用するメリットがあるからという以外理由はありません。どちらだけが良くてどちらだけが悪いというわけではなく、ペットボトル、ウォーターサーバーのそれぞれに魅力があるのです。

であれば、いっそのことペットボトルとウォーターサーバーを併用してみてはどうか、という素朴な疑問が湧き上がってきます。正直、あまり耳にしないアイディアですが、どちらにもメリットがあるわけですから、両者を併用するという発想は決して悪くないはずです。

それでは、具体的な併用例を検証してみます。

ペットボトルとウォーターサーバーの併用例

ひとつのアイディアとして、比較的安価なペットボトルをベースとして、ウォーターサーバーは補助的に利用するという方法が考えられます。たとえば、ミネラルウォーターはお料理や、水自体の味が消えてしまうお茶やコーヒー、紅茶などに利用して、純粋に水を飲みたいときだけウォーターサーバーを利用するという併用方法も考えられます。

もちろん、お茶やコーヒーなど、飲料として飲む水も、ウォーターサーバーから供給するという考え方もあるでしょう。他にも、時期によって併用方法を変えることもできます。たとえば、飲む水の消費量が多い夏場は安価なペットボトルをメインとして、逆に消費量が少ない冬場はお湯もつかえるウォーターサーバーをメインとするなどという方法も考えられるでしょう。

このように、せっかく両者にメリットがあるわけですから、その双方のメリットを得るために、併用という選択肢は有効であるといえるのです。