デメリットは多いけど、デメリットもある!

ウォーターサーバーには、いろいろなメリットがあります。それゆえ非常に多くの人がウォーターサーバーを支持するようになってきました。しかし、ウォーターサーバーにはデメリットがあるということも事実です。

たとえば、高温のお湯が出るのがウォーターサーバーですから、特に小さなお子さんがいるご家庭でご利用になる場合には、リスク管理もしっかりしておかないと、事故につながるリスクもないわけではありません。

リスクとデメリットは必ずしも同義ではありませんが、いずれにしても、デメリットを理解した上でウォーターサーバーを使用することが重要であることには違いありません。

ウォーターサーバーのデメリットは大きく分けて3つある!

それでは、さっそくここからはウォーターサーバーのデメリット(と思われる部分)について、3つほどピックアップしていきます。

コストに関するデメリット

確かに、ペットボトルの水であっても、コストはかかります。ただ、サーバーのレンタル料や水へのこだわりによって、コストがけっこうかさんでしまうことがあるというファクターは、やはりウォーターサーバーのデメリットといわなければなりません。

サーバーのスペースをとられる

ペットボトルのミネラルウォーターをまとめ買いすれば、それだけスペースがとられます。ウォーターサーバーならその分のスペースはとられませんが、サーバーを置くスペースはどうしても無視できません。

ボトルの交換と設置

何といっても水は重いですから、容量によっては、毎月のボトルの交換やサーバーにボトルの水をセットする際に、かなりの労力をつかうことになります。力のない女性のひとり暮らしだと、容量によっては苦労することもあるかもしれません。

いかがでしょうか?よいことばかりだと思っていたウォーターサーバーにも、少々デメリットがあるということを理解していただけたのではないでしょうか?