赤ちゃんにとって安全面や体への負担が少ないウォーターサーバー

水道水が危険な時代に突入

世界一水が安全だとかつて言われていた日本も、今は安心して水道水を飲むことができない時代に突入しました。特に、赤ちゃんやまだ小さなお子さんに気にせず水道水を飲ませるのは、残念ながら勇気が必要な行為になってしまいました。

近年ウォーターサーバーが高い人気を示すようになってきていますが、水道水の危険性を察知する人が増えていることも、おそらくその背景にはあるでしょう。親たちはまだしも、赤ちゃんや子供にだけは安心できる水質の水を飲ませたいと思うのが親心です。

理想的なミネラル成分を選べるウォーターサーバーが魅力!

水道水を飲めないとしても、スーパーやコンビニに行けば、ミネラルウォーターがいくらでも売られているではないかと思う人も多いと思います。しかし赤ちゃんのミルクのことを考えると、実は市販のミネラルウォーターでさえ必ずしも理想とは言えないのです。

もちろん、健康のために水道水よりもミネラルウォーターが良さそうなことは、細かい理屈は別としても、なんとなく理解はできると思います。ただ、赤ちゃんにとっては、あまりにもミネラルの濃度が濃すぎると、逆に身体への負担となってしまう可能性があるのです。

ですから、ミネラルウォーターだからといって赤ちゃんのミルクに良いかというと、決してそんなことはないのです。それならば、ウォーターサーバーの水だって同じミネラルウォーターなのだから、結局同じことではないかと思うかもしれません。

しかしウォーターサーバーは、サーバーの業者や水のブランドによってミネラル濃度が異なるのが普通です。赤ちゃんのミルクにより適したミネラル濃度のミネラルウォーター(いわゆる軟水)を得るには、やはりウォーターサーバーからミルク用の水を供給するのがベストなのです。

水質にまでこだわることができるわけですから、赤ちゃんがいるご家庭では、よりウォーターサーバーの利用が推奨されるのです。


PAGE TOP